顧客顧問会社を選ぶ上で目安として投資家の声を聞いたり、投資家同士のコミュニティー掲示板などを利用することも大切です。投資家ニーズを理解してくれる投資家顧問会社を選びましょう。

東京海上日動投資顧問株式会社と投資家の利益獲得

東京海上日動投資顧問は、東京海上ホールディングス株式会社の100%出資による株式会社です。
2003年2月26日に当時の東京海上火災保険の不動産投資部門を母体として設立されました。
始めはミレア・リアルエステイトリスク・マネジメント社を名乗っていましたが、2008年7月に東京海上日動投資顧問株式会社に社名を変更しました。
東京海上グループの投資顧問会社として、グループ内で培われた不動産運用のノウハウを最大限に発揮しています。
業務内容としては投資運用業、投資助言業、第二種金融商品取引業を行っています。
不動産のバリュークリエーターとして、企業年金基金といった機関投資家向けの不動産投資ファンドの組成・運営などのアセットマネジメント事業、遊休不動産の有効活用の企画作成などの不動産ソリューション事業を展開しています。
投資運用としては、投資家の最大利益の確保を目指し、優れたトラックレコードを待っています。
また、東京海上グループならではの的確で迅速な情報収集とリスク分析の能力を持ち合わせています。
東京海上日動投資顧問株式会社は不動産業界と金融業界出身のプロ集団ともいえる会社で、高度な運用実績を残しています。
資本金は2億円です。
東京海上日動投資顧問の代表者は、代表取締役および執行役員社長を務める後藤伸樹氏で、役職員はおよそ30名です。
投資家と市場に誠実さを貫く経営をモットーにしており、投資家のための誠実な最良の選択、資本市場の健全な発展への誠実な貢献を実践しています。
東京海上日動投資顧問株式会社は、豊富な情報ネットワークを駆使して、ボーダレス化が進む世界経済の資産運用業における著しい環境の変化に素早く対応できる会社です。