顧客顧問会社を選ぶ上で目安として投資家の声を聞いたり、投資家同士のコミュニティー掲示板などを利用することも大切です。投資家ニーズを理解してくれる投資家顧問会社を選びましょう。

投資顧問に聞く手数料無料で買えるファンド

投資信託の商品のことを「ファンド」と言いますが、最近はアベノミクスと好景気の影響で数多くのファンドが出てきて、どの商品が良いのか迷うことも多いと思います。
また、投資を始めてみたいが、怖いので少額の資金から買えるものからやってみたいと思っている方もいるでしょう。
そういう時に投資顧問のアドバイスがお客様に有益に働くことがあります。
最近の世界的な流れとしては、インデックスファンドという、日本だと日経、TOPIX、外国だとダウといった数値(指標)を追いかける投資に人気があります。
インデックスファンドは特定の企業や組織のみに投資するのではなく、機械的に日経だったら日本全体の企業、TOPIXなら東京取引市場全体の企業、国債なら各諸国の国債の指標に沿って投資するといったもので、投資先が必然的に分散されるため、株価が上がって大儲けができるということにはなりませんが、投資していた会社や組織が倒産して投資したお金が戻ってこなくなるというリスクは格段に抑えることができます。
人ではなくコンピュータで銘柄を選定するため手数料が抑えられ、購入時の手数料が最初から無料というものが多く、その他の手数料も安いので、少額からでも買えるということで人気があります。
中には投資顧問のアドバイスで日本、先進国、新興国のインデックスファンドをいくつか組み合わせて世界の経済に向けて運用する商品もあり、特に株は暴落があっても長期的には右肩上がりに成長するため、貯金代わりとして利用しているお客様もいらっしゃいます。
ファンドの中にはハイリスクハイリターンで遊べるものもありますし、「お気に入りの国(会社)だから」ということで遊びで利用できるもの、堅実に資産を増やせるもの、と様々な種類があるので、遊びに使えるファンドを投資顧問に聞いてみる、という楽しみ方もあります。